応募方法によって採用が決まりやすい?ウソ?ホント?

大阪求人ドットコム

保存しているお仕事
メルマガ登録

 >  応募方法によって採用が決まりやすい?ウソ?ホント?

応募方法によって採用が決まりやすい?ウソ?ホント?


志望したいアルバイトを見つけたら、今度は応募をしなければなりません。

応募の方法には電話やWebでの応募など、様々なものがあります。

この応募方法によって採用されやすいかどうか決まるのでしょうか。



結論から言ってしまえば、応募方法による採用への影響は

ほとんど無いと言ってもよいでしょう。

ただし、応募方法によっては、今後のステップがスムーズに進む方法もあります。

詳しく見ていきましょう。




応募の方法には大まかに電話での応募とWebでの応募があります。



電話とWeb


電話での応募のメリットは、電話応対をする担当の人に繋がった後、

すぐさま面接の日程を決めることができ、

応募の次のステップにスムーズに移行することができます。

Web応募のメリットは、日付や時間に関わらず応募できるため、

応募する側としては非常に楽だと言うことです。

ただし、応募しても何の連絡も来ない場合には、

改めて電話などできちんと応募が受け付けられているか確認する必要があり、

二度手間となってしまう可能性もあります。




電話でアルバイトの応募をする場合



電話


まず聞きたいことを整理することから始めましょう。

アルバイトの募集はまだ行っているか、

アルバイトではどのような仕事をするのか、

アルバイトのシフトはどうなっているのか、

アルバイトはいつごろから開始されるのか、

アルバイトの場所はどこなのか、

アルバイトの時給はいくらくらいなのか、

面接に臨む際必要な書類にはどのようなものがあるのか、

面接はいつどこで行われるのか、

といった内容を確認しましょう。



電話でアルバイトの応募をするときには、

必ずメモをするための筆記具とメモ帳を用意しておきましょう。

そのメモに確認する事項を記入しておくと、確認がスムーズに行えます。

他にも求人の広告、スケジュール帳を用意しておくと、話が円滑に進む場合が多いです。



電話をかける時間帯は、求人広告にその記載がある場合もありますが、

ない場合にはその会社の営業している時間内にかけるようにしましょう。

また、飲食店などの忙しい時間(お昼近く、夕方以降)

にはなるべく電話をかけることは避けましょう。



また、電話をかける環境は可能な限り静かで、

電波の良いところを選ぶようにしましょう。

電話で話すときに話し口を手で覆いながら話せば、

相手にとって聞きやすくなるため、気が利いていると言えます。






Webでアルバイトの応募をする場合



Web


Webで応募する際にも、電話での応募と同じような確認事項があります。

求人広告を見て自分の考えている条件とあっているかどうかを確認しておきましょう。

チェックするべき項目は電話と同じですが、

アルバイトではどのような業務をするのか、

アルバイトのシフトはどうなっているのか、

アルバイトはいつごろから始まるのか、

アルバイトの場所はどこなのか、

アルバイトの時給はいくらくらいなのか、

面接に必要な書類にはどんなものがあるのか、

面接はいつどこで行われるのかといった内容を確認しましょう。



Webで応募した後は、企業からの面接の日程に関する連絡を待つことになります。

連絡の方法には二種類あり、企業から電話で連絡が来る場合と、

メールで連絡が来る場合があります。



電話で企業から連絡が来る場合、

非通知や登録していない番号からの電話にもきちんと対応できるようにしておきましょう。

こまめな留守電チェックも必要です。

ほかにも、いつ電話がかかってくるかわからないため、

メモと筆記用具を常に用意しておくことや、

電話がかかってきたとき騒がしい場所にいる場合には、

静かなところへ移動すること、

聞き間違えで齟齬が発生しないよう、

面接の日時に関してはきちんと復唱して確認すること、

電話を切るときには「ありがとうございました」と言うことなどに注意しましょう。



メールで連絡が来る場合には、

企業からのメールが迷惑メールの受信制限に引っかかってしまう可能性があるため、

設定をもう一度確認しておきましょう。

また、企業からメールが来た場合には、すぐさま返信する必要があります。



メールでの返信のポイントは、なるべく早めに返信することです。

可能であれば半日以内にメールを返信するのがよいでしょう。

そのためにはこまめなメールチェックを怠らないようにしましょう。

もしも返信に半日以上経ってしまったときには、

「お返事が遅くなって大変申し訳ございません」

などと人一言添えておけば丁寧な印象を与えることができます。

面接の担当者も忙しい中でメールを送っているので、

応募するこちら側としても、相手への配慮をもって応募に臨みたいところです。



応募先から来たメールに問題がない場合には、

まずメールを送ってきてくれたことにお礼をし、時間と場所を復唱して締めればOKです。

もしも面接の日程に都合がつかない場合、

都合のつく日程をこちら側から提示しておきましょう。



以上、応募方法ごとの流れを追いました。

電話で応募をした場合、その後の日程をスムーズに決めることができるため、

可能であれば電話での応募をおすすめいたします。